05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

プラグコード交換 

メーカー名前状態金額購入場所
SplitFireツインコア・シリコンプラグコード新品\2200ヤフーオークション



・プラグコードってなに?キャップと違うの?
ってくらい、知識がなかった自分です。
それでもプラグコードを交換しようと思った理由は
他のグラトラオーナーさん達が交換して効果を実感できたらしいから。



・レッツ・購入
グラトラSplit01
バイク用品店へ行きSplitFire製のプラグコードを物色。
店員さんに取り付け工賃を尋ねてみると交換工賃\525+タンクを外す手数料\1050。
いや、高いから…
店頭価格で\2940だったので工賃込みではかなりのお値段。

お店で購入するメリットも感じられなかったので
家に帰ってヤフオクを物色。すると、やはりありましたよ。
送料込みでお店よりもお安い値段。



・取り付け
グラトラSplit02
こちらが商品の中身です。



グラトラSplit03
シートとタンク、プラグからプラグコードを外し



グラトラSplit04
コードの根元を探索。



グラトラSplit05
純正プラグコードを根元から5~8cm残して切断。
切断したのと同じ長さにSplitFireも切断。
接続コネクタのキャップを外して径が太いほうをSplitFire側のコードに通しておく。



グラトラSplit06
SplitFire側をジョイント。
ジョイント時にグリグリとねじ込むのですがあまりやりすぎるとジョイントの内部で
コードがほつれて通電ふ不具合が出ます。
また、あまりグリグリしなさすぎると走行の振動ですっぽ抜けてしまうので
適度にするするといれていきましょう。



グラトラSplit08
SplitFire側のキャップをして純正側をジョイント。
純正側のコードにはカバーがついていたので切り目を入れてむいていきました。
後の作業で邪魔になったので余計な部分は切り取りましたけど。



グラトラSplit09
SplitFire側のキャップもしてプラグコードをプラグにかぶせる。



グラトラSplit10
タンクとシートを戻して、完成。



・インプレッション
取り付けに関しては問題なくすみました。
ジョイント部が太いのでタンクを装着する際に干渉するので、注意が必要です。
見た目的には赤と黒がしまって見えていいと思います。
青のコードが不安でしたがそんなに見えないし、見えても渋くうつるはず。
走行してみると、回転がスムーズというか、簡単に回転数があがるように思えました。
関連記事
スポンサーサイト
GrassTracker  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/97-2c1056e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。