06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Ninja250Rと出会うまで 

赤ニンに乗り始め、およそ9ヶ月・やっと8600kmを越えました。
ここいらでNinja250Rに乗ったキッカケや
なぜ赤ニンを選んだかを書いてみようと思います。

さて、カワサキモータースジャパンより発売されているNinja250R。
元気のない国内250CC市場にKAWASAKIが投入した新機種モデルです。
(Ninja250R自体は世界シェアものですけど)



そして、購入前に自分が乗っていたバイクはSUZUKI GrassTracker。(以下グラトラ)

グラちゃん

中古購入ながらも色々といじくって楽しんでいたバイクです。
しかし友人が乗っていたBMW ○の後ろにしがみついていた時や
同じ250CCバイクでもVツインのゼルビスにまたがった時に
グラトラのパワー不足を感じずにはいられませんでした。
(排気量の圧倒的な差、単気筒と多気筒の差を実感させられました)

その後も別の友人が400CC 単気筒のSR400を購入し、それにも乗せてもらい
なおさら、グラトラのパワーがいまの自分には足りないことを感じました。

こんなことを書くと、スピードを求めているようにも見えますが
自分は最高速とか、何馬力だとかにはあまり興味はありません。
更に言えば、パワーだけがバイクの楽しみではないことも自分はわかっているつもりです。
日本語が下手で、なかなか伝わりにくいところもあると思いますが
ここでのグラトラに対するパワー不足というのは余裕の足りなさなのです。

例えば、フルスロットルで時速60kmでるバイクと時速120kmでるバイクでは
時速60kmまでに達する時間と、
その速度で走り続けるということの余裕(疲れ具合)が違います。
それはそれで楽しむことができる人はいると思うのですが
今も含めて、当時の自分の気性や体質、普段使う道などとグラトラを掛け合わせてみると
不足している。という結論になったのです。

しかし、そこまで考えていても車検があるバイクは乗れず
250CC4気筒のバイクは重すぎる。
水冷で前後ディスクブレーキが希望。
アメリカンは趣向に合わない。
グラトラは中古車だったから新車がいい。
などなど注文をつけていると「コレだ!!」といったバイクにはめぐり合いませんでした。
それほど、250CCの市場は寂しい結果になっていました。
そして、買い換えたいという魅力あるバイクがありませんでした。

そんな思いを引きずりつつ、時間が経ち、現在の緑ニン乗りから
「Ninja250Rを見に行こう」と、誘いがありました。



Ninja250Rを見に行って】に続く。
関連記事
スポンサーサイト
Ninja250R  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/63-0e38a7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。