06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

POWER COMMANDER V キャリブレーション-スロットルポジション- 

順番があべこべになってしまいましたが、
POWER COMMANDER V(以下PCV)のキャリブレーションです。
キャリブレーションって、ちょっと意味がわからなかったので辞書で調べてみましたら
測定器や計器などの機械を調整すること。だ、そうです。

それでは、取り付けを終わらせたPCVの設定を始めます。
と言っても、スロットルポジションの設定しかしていないので、その説明だけですが…

map1.jpg
※ ソフトを日本語化しています、現行のソフトでは日本語化パッチはないと思われます。
これはPCVの設定画面なのですが黄色い○で書かれた数字がスロットル開度
緑色の○で書かれた数字が回転数となります。
つまりは、スロットルポジションの設定をしっかりと行なうことで、
アクセル開度を正確に拾うことが出来ます。

設定は結構簡単です。
メニューバーの「パワーコマンダーツール」⇒「キャリブレーション」⇒「スロットルポジション」を選択します。
画面が変わりますので、それを確認したらキーをON。
そうすると、スロットル開度0%の電圧が拾われます。
次は一度キーをOFFにし、スロットルを最大までひねってキーをON。
そうするとスロットル開度100%の電圧が拾われます。
これで完了。



thrrpttle.jpg
お互いの数字を覚えて、それぞれの枠に入力し「OK」ボタンを押します。

ちゃんと設定できたか確認するには、エンジンをかけてスロットルをひねってみましょう。
パソコン上のアクセル開度の数字が動けば設定完了です。




関連記事
スポンサーサイト
カスタム  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/469-8ba627ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。