01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

剥いだリアシートの復活 

以前、白塗装に失敗し、表面を剥いだリアシート。

今回、わけあってリアシートとして復活させることにしました。



シート加工07
まずは、ベース部分とスポンジをくっつけます。



ホムセン箱
これは耐震ゲル用のグリップボンド(というかただの接着剤)を使用して
完全にくっつけてあげました。
もうスポンジ部分はきれいに取ることができないかもしれません。

さて、ここからが一番の問題点。
剥いでしまったシートをどのようにくっつけるか…



シート加工02
もともとは強力なホッチキスみたいなもので止められています。

この手の問題の解決方法をもっていそうなのは…零影さん
と、いうことでメールでたずねると…

どうやら、強力なホッチキスはタッカーというらしいです。
そして、ダイソーの工作用ホッチキスで流用できるとのこと。



ホムセン箱
その日の夕方に、ダイソーに行って探してきました。



ホムセン箱
準備はバッチリです。

ちなみにこの商品の隣にダイソー製のタッカーも売っていましたが735円でした。
さらに、芯は別売りとのことで…合計すると1000円近くかかってしまいます。
まぁ安いほうでいいのなら、それに越したことはないですね^^
情報、ありがとうございました☆



ホムセン箱
何度か失敗しましたが、とりあえずくっつけることには成功しました。
固いベースもちゃんと針が貫通しています。



ホムセン箱
アップの写真です。
ちゃんとくっついてるでしょ?
丸い金具を無理矢理取り外して…



ホムセン箱
シートに穴をあけてしまった部分は白いガムテで塞いで完成です。
白塗装失敗の部分が…まぁかわいいもんですね。



関連記事
スポンサーサイト
カスタム  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

管理人のみ閲覧できます by -

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2010/11/28 15:42 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/317-2d46469c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。