04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

群馬北限ダムカードの旅@G・A・R 

今回は青ZEAL乗りの横Gと群馬のダムカードをもらいにいってきました。
当初はバイクでの予定でしたが、前のツーリングの時に青汁のレギュレーター付近が
故障し、修理が間に合わないためH7年製のダイハツ Mira@ターボでいきました。

このMira、以前のオーナーがレースに使っていたので、
軽量化のため色々な部分がひっぺ返されていましたが…
車内の写真、撮り忘れました。



群馬北限
朝、ちょこっと仕事を済ませてからの出発です。
ふたりして、カップやきそばです。
久々に「かやく」たちを温めてしまいました。袋が油でヌルヌルです。

その後は、ふたりで語らぎながら高速を使って水上を目指します。



群馬北限
いきなりで悪いのですが、「藤原ダム」です。
重力式コンクリートダム、、、ですが、あまり感動はなく…
これくらいのダムなら埼玉でも見れますね…



群馬北限
ダム湖を背にはしゃぐ横Gです。



群馬北限
高度が足りないためか、紅葉もまだまだでした。
今年の紅葉は夏の酷暑の影響で不作らしいですね。
染まる前に枯れ落ちてしまうそうです。

さて、一路は次の目的地「矢木沢ダム」を目指します。



群馬北限
途中の道での写真です。
軽自動車は身軽に色々なところで停車できるのでいいですね。
バイクはソロだももっと身軽なのですが、マスツーになるとなかなか止まりにくいです。



群馬北限
同じ場所でMiraさんも撮影です。
写真が明るいですが、自分は夕焼けモード、横GはAUTOで撮影しております。

さて、「矢木沢ダム」に向かうにはダムの管理道路を通過していく必要があります。
と、言ってもゲートがあるだけで見た目は普通の道ですけどね。



群馬北限
途中、「須田貝ダム」を見ることができました。(途中で前を通ることができます)
右側に見えるのは併設されている発電所です。



群馬北限
「須田貝ダム」をせっかくなのでもう一枚。
このダムから上記の「藤原ダム」へと水が流れていきます。



群馬北限
「須田貝ダム」を撮影しつつ、紅葉も撮影です。
高い壁をコンクリートで固めています。
冬は積雪は2mにもなるそうです。
雪崩の恐れもあるそうですがダムの職員はいつでも出勤するそうです。
人間はなんてちっぽけなんでしょうか。



群馬北限
ここまでくると、徐々に色づき始めていました。
すすきもきれいです。



群馬北限
さてさて、撮影に使えそうなヘアピンを越えて到着したのは…



群馬北限
「矢木沢ダム」のダム湖、奥利根湖です。



群馬北限
職員でしょうか?ゴミをとっていました。
また、ここはレジャーも盛んでカヌーやモーターボートも乗ることができるそうです。
ボートを牽引した車を何台もみることができました。



群馬北限
「矢木沢ダム」案内図です。
ネイチャービューというのが気になります。



群馬北限
はやる気持ちを抑えきれない横G。



群馬北限
湖が間近になってきました。



群馬北限
これはダムを裏側からみた写真です。
なんかたいしたことなさそうに見えるのが不思議です。



群馬北限
いいことを言っています。



群馬北限
なんだか写真の順番がめちゃめちゃになっていますが、これが奥利根湖です。
ダム湖百選にも選ばれています。



群馬北限
看板がありました。
エレベーターや、らせん階段と、好奇心をくすぐるものがありますが実際にはいけません。



群馬北限
ここが展望台の先端になります。



群馬北限
ダムと水の流れを示したモニュメントです。
これには中央分水界が記載されており、とても興味深かったです。
中央分水界から北側に降った雨や湧き出る水は、日本海へ…
反対に南側にある水は太平洋へと流れます。ロマンです。



群馬北限
素晴らしきかな、奥利根湖です。



群馬北限
紅葉もキレイに見えてきました。
でも、ちょっと早い気もします。



群馬北限
標高が高いので雲が近いです。
山が雲隠れて幻想的です。



群馬北限
この奥利根湖はツーリングマップルによると
バイクでいける利根川の最上流部だそうです。
なんだか感慨深いものがあります。



群馬北限
やっぱり雲が近い気がします。
空もきれいです。



群馬北限
さてさて、ネイチャービューにきました。
ここに座ると、ダムと奥利根湖が一望できます。
また、このイスは「矢木沢ダム」のいい話を10個聞くことができます。



群馬北限
いよいよダムの正面とご対面です。
この青い柵にご注目ください。
成人男性の胸よりもちょっと下まであります。



群馬北限
それがダムの上を同じ高さで続いています。

それに注目して↓の写真をご覧ください。





















群馬北限





群馬北限
この高さと迫力。写真ではなかなか伝わらないのがとても残念です。
あまりの迫力に提頂部で涙が…

ダムに興味がなくても、いける方は行った方がいいと思います!
この巨大さは感動します。

また「矢木沢ダム」はダムカードによると主ダム部はアーチ式コンクリート、
洪水吐き部は重力式コンクリート、透水層止対策部はロックフィルと3タイプで
構成されているそうです。
スキージャンプ式洪水吐きからは落差30mの放水がみえるとのこと…
年に一度、放水している日があるそうなので、次はそこに標準を合わせていきたいです。



群馬北限
オマケですが…ダムの反対側の風景です。
こちら側は紅葉がとてもきれいでした。


さて時間が押してきましたが、続いて「奈良俣ダム」を目指します。
このダムは横Gが一番好きなダムと言うことで期待が膨らみます。

いきなりですが↓をご覧ください。



















群馬北限
これが「奈良俣ダム」です。
高さは「矢木沢ダム」以上のロックフィルダムです。
ここまで石を積んで…誰か止めなかったのでしょうか?
ひとりくらいは「いつまで積むの?」ってツッコんでもいいと思います。

ロックフィルダムはダムの上から撮るよりは下から撮るほうが迫力があります。
さぁ、ダムの上へと向かいます。



群馬北限
ダムを横から撮影しました。
放流時には手前から水がでる構造ですね。



群馬北限
このタイヤは、本体盛立の材料を運搬するのに使ったトラックのタイヤだそうです。
このダム建設時は月間盛り立て量70㎥の国内記録を達成したそうです。
月間盛り立て量…ロマン溢れるすてきな言葉がでてきました。



群馬北限
ここもダム湖百選に選ばれています。看板が向いているのは湖とは反対側ですが…



群馬北限
奥利根湖と比べると…しょっぱいです。



群馬北限
湖にゲートがあります。これが開かれると…



群馬北限
ここからザバーっと水がでていきます。



群馬北限
山間を川が流れていく…この景色はとてもきれいでした。



群馬北限
提頂部を歩いていくと、管理者用の階段をみつけました。
↑にある「奈良俣ダム」の写真の左側にちょっと濃い灰色の線が入っていますが
それがこの階段です。



群馬北限
渡りきると、一般の人が降りることができる、奈良俣遊歩道があります。
ここを下るとダムの正面に行き着き、初めの写真を撮ることができます。



群馬北限
提頂部です。まっすぐな直線。
およそ520mあります。



群馬北限
堂々とした看板があります。
もうやりたい放題です。



群馬北限
まるで玉座のよう。
関東の公式ダムカードを制覇した記念に撮ってもらいました。
右脚が不自然でなりません。短足なんです。



群馬北限
ぉぃ…なにをしているんだ?


さて、10月の下旬にもなれば日暮れがかなり早くなっています。
もちろん、「矢木沢ダム」からは風が冷たく、手がちょっとかじかむぐらいでした。
当初は宝川温泉に出向き、こんな景色の中でのんびりしようと思いました。
しかし思いのほか、ダムでの紅葉が進んでおらずちょっと消化不良…
ちょっと予定を変更して「奈良俣ダム」の先にある照葉峡を走ることにしました。
ここはちょうど3年前の10/21に横Gと一緒に下道ツーリングにいったところで
とてもきれいな紅葉をしていたのをふたりで思い返しました。

ワクワクしながら先に進むと…



群馬北限
んー…ここが一番きれいな紅葉をしていました。
山と川と紅葉。いい具合に混ざってます。
しかし、他の部分は葉が落ちて残念な風景になっていました。

ふたりしてテンションが下がり、日も下がり…
ここでゴールデンシャワーゲートを開放して宝川温泉を目指します。

いや、日帰り入浴終わってたんですけどね。


しかし、ダムのすごさを体感できたので満足です。
高速を使って地元の銭湯で疲れを癒し、家まで送ってもらいました。



群馬北限
横G、運転ありがとう。お疲れ様でした^^



にほんブログ村 バイクブログ 250cc以下へ ダムの反対側の山にある扉の正体がわかりました。
      秘密は次の記事のこの場所でヾ(゚∀゚*)
関連記事
スポンサーサイト

ダダッダム! by 横G
正直走り足りてないくらいv-30

しかし二人で出かけたのもアレ以来か・・・
早いもんだ。

次はバイクで行きたいな~!
もうちょっとダム以外を充実させた旅にっ!!

by 蒼い鳩
奈良俣ダムは出くわすダムとしてはインパクトが半端ないですよね!去年行ったきりだけど来年の融雪水がたまるころにはまた行きたいなぁ。

●レスポンス by くるとん
>横Gさん
マジか!?
あれで走り足りてないんじゃ…新潟は安泰だな。
俺は隣でゆっくりと眠れ(ry

そういえばそうだね…
時間や機会はあったはずなのになかなか一緒に行動しなかったね。
まぁ自業自得ですが…その点については後悔が残ります。

ダムもいいけど、他にもいい景色や楽しいことはあるはずだからね^^
無理せずに広げていこう!

>蒼い鳩さん
奈良俣ダムは走っていて、不意に登場しますが
あれを見たときは思わず叫んでしまいました。
でか過ぎで偉大です。
誰も止めなかったのか…疑問に思いました(笑

奥地は雪解けで満水になるみたいですね。
放水する場面もみてみたいです^^

by かるぞうさん
作業お疲れ様です。
エキパイいかがでしたでしょうか?
こちらは修正が必要でした。

さて、ひとつ気になった点・・・。
良い表現の 『水は全ての生命』ということは・・・。
雨を降らすお方は、神様だったのでしょうか?
I.GOTさん???
休日の雨は止めてくれ・・・!!!

>かるぞうさん by くるとん
エキパイは…うーん…
最短で木曜日にチャレンジですが、雨のようでちょっとできそうにもありませんね…
まぁ気長に構えていこうと思います^^

I.GODさん!なんともまぁ…まさに新世界の神になるわけですね。
AME NOTEといい…きっと自分たちに見えていないものが見えているんですね。
まぁなんでもいいですから、休日の雨はやめて欲しいですね(笑

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

ダダッダム!

正直走り足りてないくらいv-30

しかし二人で出かけたのもアレ以来か・・・
早いもんだ。

次はバイクで行きたいな~!
もうちょっとダム以外を充実させた旅にっ!!

URL | 横G #-

2010/10/24 01:51 * 編集 *

奈良俣ダムは出くわすダムとしてはインパクトが半端ないですよね!去年行ったきりだけど来年の融雪水がたまるころにはまた行きたいなぁ。

URL | 蒼い鳩 #Vh41tRRA

2010/10/24 16:11 * 編集 *

●レスポンス

>横Gさん
マジか!?
あれで走り足りてないんじゃ…新潟は安泰だな。
俺は隣でゆっくりと眠れ(ry

そういえばそうだね…
時間や機会はあったはずなのになかなか一緒に行動しなかったね。
まぁ自業自得ですが…その点については後悔が残ります。

ダムもいいけど、他にもいい景色や楽しいことはあるはずだからね^^
無理せずに広げていこう!

>蒼い鳩さん
奈良俣ダムは走っていて、不意に登場しますが
あれを見たときは思わず叫んでしまいました。
でか過ぎで偉大です。
誰も止めなかったのか…疑問に思いました(笑

奥地は雪解けで満水になるみたいですね。
放水する場面もみてみたいです^^

URL | くるとん #V1rogjt.

2010/10/25 16:18 * 編集 *

作業お疲れ様です。
エキパイいかがでしたでしょうか?
こちらは修正が必要でした。

さて、ひとつ気になった点・・・。
良い表現の 『水は全ての生命』ということは・・・。
雨を降らすお方は、神様だったのでしょうか?
I.GOTさん???
休日の雨は止めてくれ・・・!!!

URL | かるぞうさん #-

2010/10/25 21:48 * 編集 *

>かるぞうさん

エキパイは…うーん…
最短で木曜日にチャレンジですが、雨のようでちょっとできそうにもありませんね…
まぁ気長に構えていこうと思います^^

I.GODさん!なんともまぁ…まさに新世界の神になるわけですね。
AME NOTEといい…きっと自分たちに見えていないものが見えているんですね。
まぁなんでもいいですから、休日の雨はやめて欲しいですね(笑

URL | くるとん #V1rogjt.

2010/10/26 21:15 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/303-427e7188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。