05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Ninja250Rのひよこ対策 

Ninja250Rには妖精が住んでいる。というのはちょっと調べれば出てくる話ですが
その他にもヒヨコが住み着くものもあるようで…
納車して、400kmくらい走ったころでしょうか。
赤ニンにも住み着き始めました。


30km/h以下で走行をしていると前輪の辺りからキュ、キュ、キュと音が鳴ります。
ピヨピヨではないのでひよこではないのですが、ヒヨコっぽく聞こえないこともないです。



こんな風に記事を書いていますが
当時、音に焦って赤ニンを購入したお店に持っていきました。
そこで整備士さんとお話。
アクスルシャフトとホイールの接地点にあるゴムに
十分、グリスが行き渡っていないためにそこから音が出ていたようです。

"カワサキ車にはよくあるんですよね"

(゚д゚)ハァ!?

でも、そんなもんみたいです。

他の人のブログをみると、タイヤを外してグリスアップをしてくれるお店も
あるみたいですが自分が受けた対応は、スプレーによるグリスアップのみでした。



それからさらに400kmくらい走ったころ…ひよこ再登場。
でも、もうバイク屋にいくのメンドイ(*・_・)ノ⌒*
色々とやってもらうのも気が引けるので自分でグリスアップをすることにしました。
そして、バイク用品店で買ってきたのは↓の商品。


ヒヨコ対策01
商品の特徴としては、初めは液状で時間が経つと、グリス状に形状変化します。
つまり、外側から吹いて、内に浸透し、そこでグリス状になって留まってくれる。
アクスルシャフトのグリスアップにはちょうどいいと思います。
また、-30℃~200℃の温度域に潤滑効果を発揮するそうです。
それでは、グリスアップにいきましょう。ひよこ撃退!!



ヒヨコ対策02
まずはブレーキディスク側のこの部分にスプレーをします。
ここはバイク屋さんの整備士もやっていたので問題ないでしょう。



ヒヨコ対策03
続いて反対側。
こちら側は自分で考えてスプレーをしているので効果があるのかないのかわかりません。
ですのでオススメはしません。

グリスアップをしても雨の中、長時間走行したり、距離を走るとまたひよこが湧き出てきます。
その度に自分はグリスアップをしています。

Ninja250Rのまとめサイトにはこれ以外の解決方法が載っていました。
自分はこの方法をしていますが興味のある方はそちらも調べてみてはいかがでしょうか。



モトレックス:MOTOREX/グリーススプレー
モトレックス:MOTOREX/グリーススプレー




 ひよこ撃退ヾ(゚∀゚*)

関連記事
スポンサーサイト
メンテナンス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/130-9deafcf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。