08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Ninja250R + K&N ハイフローフィルター リプレイスメント型 

緑ニン乗りがK&Nのエアフィルターに交換したのでその紹介とインプレです。
先に純正エアフィルター交換の記事を読んでもいいかも?⇒コチラ

K&N KA-2508 HIGH-FLOW AIR FILTER リプレイスメント型

彼はヨシムラ Tri-Oval チタンサイクロン カーボンカバーに交換済みなので
これで給排気系のカスタムが済むことになります。(ヨシムラマフラーの記事はコチラ

K&Nのエアフィルターはメンテナンス(フィルター清掃)をすれば
半永久的に使える代物です。
メンテナンス自体は単純で、乾かす時間さえあれば容易にできるでしょう。
しかし、専用のメンテナンスセットが必要になるので
取り付け後、清掃をするタイミングでそのセットを購入する必要があります。
ちなみにフィルター本体と基本的なセットで10000円しないくらいの値段だっと思います。
純正が1000円しないで新品が買えますから、
コスト的には何年(何キロ)Ninja250Rを乗るかだと思います。
なので自分は純正を新品に交換していく方をとりました。
だからといってK&Nがダメなのではなく
コストパフォーマンス以上に性能を取りたいという方にはお勧めだと思います。
K&Nのフィルターは純正よりも20%もの吸気量がアップするらしいです。
ようは乗り手の考えと言うことで…

では、写真紹介からインプレです。



K&N01
こちらが箱です。



K&N02
これが箱の中身です。
左上から時計回りに、本体・説明書(Englishi)・グリス
よくわからない黒い紙とステッカー・K&Nステッカー2種類。



K&N03
型番とお値段はこちら。購入の参考にしてください。



K&N04
箱の裏面です。英文。これを訳す時間も能力も根気も自分は持ち合わせていません。



K&N05
右側のサイドカバーを外し、エアフィルターボックスの蓋をだします。



K&N06
ボルトを3箇所取り外します。
中央に斜めに入っているスポンジが純正エアフィルターです。
黒い線はフィルターを止める骨組みですが、K&Nを入れるときには不要になります。



K&N07
湿潤型のエアフィルターなので塗れている(色が濃くなっている)のは
いいとしてもかなり汚いです。
この汚れで6600km走行しっぱなし状態。このままほっとくと、目詰まりが起きるかも?
人や本によって様々ですが5000km毎に交換や清掃をするのがいいらしいです。



K&N08
K&Nフィルターの本体を袋から出しました。
純正のフィルターのように既にオイルが塗られているのでこのまま入れることができます。



K&N09
でもその前に付属のグリスを淵にヌリヌリ。
しかしこのグリスの使い方はこれであってるのだろうか…



K&N10
はい、この通りすっぽり収まりました。
しかし、フタがピッタリ閉まりません。
フィルターの骨がでっぱっているでのフィット感がいまいち…



【インプレッション】
これは自分のカスタムではないので、緑ニン乗りに聞いてきました。彼のポイントとしては
・発進のもたつきがなくなった。
・回転の上がりがなめらかになった。
・マフラー交換後にでていたアフターファイヤが軽減した。
ということでした。

前のバイクの時にマフラー交換をした後、
アフターファイヤに悩まされる時期がありました。
エンジンの影響などではなく。ただ単純に音迷惑ではないのかと。
前述したとおり、吸気量も20%アップするそうですし、
マフラーを変えている方はいかがでしょうか?

ヨシムラのフルエキマフラーと併せたインプレッションはコチラ

次のカスタムはサブコンですね。わかります。

フィルターメンテナンス記事はコチラ


K&N/リプレイスメントフィルター

K&N/リプレイスメントフィルター NINJA250R




クリックお願いしますヾ(゚∀゚*)
関連記事
スポンサーサイト
カスタム  /  tb: 1  /  cm: 4  /  △top

by じょじょ
20%って相当ですよね(゚д゚)
そのぶんアイドリングが安定しないとか・・・?
なんだか勉強になります(´・ω・`)b

>じょじょさん by くるとん
20%というのが本当なのかがちょっと…
一概に言ってしまうのが怪しいですよね。

彼はマフラー変えたのでなんとも言えませんが、アイドリングに問題はなさそうです。
むしろアフターファイヤが減ったのでよくなったのでは?と思います。

by 翠
えーとですね・・・
私二輪のプロではないからわからんのですが・・・
自動車のプロとしての見解を一つ
これがすべてというわけではないのでご参考にしていただければ幸いです


現在市販されている二輪・四輪はほぼすべてFI化されております
そしてNinjaもFIでございます

通常FI化された車両では電子制御で燃料を噴射しておるわけですが、単調にドバドバ燃料を噴いとったら減速時、加速時といった場面でエンブレが効かないとか加速が悪いとかいった弊害が出ます

そこで、FI化された車両というのは、いろんな補正装置がついとります
四輪でいうとエアフロセンサ・空燃比センサ・O2センサ・・・etc
これらの補正装置から送られてくる信号をコンピューターで演算し、あらゆる走行場面で適正な燃料噴射を行うということです

そこでニンニン!!
FI化されたことで、ニンニンにはエキパイにO2センサなるものがついてるのは周知のことと思います
ではこのO2センサとはなんぞや?
知ってる人は流してください

O2センサとは、エンジンで燃焼された排気のなかに、どれだけ燃焼されなかった酸素があるか?をはかってる装置でございます
たとえば、燃焼された排気のなかに酸素がのこっていたらどうでしょう?
燃えカスがあるなんてもったいないですよね?
どうせなら全部燃やしてすっきりしたいですよね?
そこでO2センサが、排気中の残留酸素濃度をはかり、燃えカスが出ないようにコンピューターに信号を送り、燃料噴射にフィードバックし、燃料補正を行うというものです
ちなみに、燃えカスが多いということはきちんと燃焼できていないために排ガスの有害物質もたくさん含まれております
そこで、近年の排ガス規制をクリアすべく二輪車にもFIが多いということです


やっと本題
なぜエアクリかえてパワーが上がるか?
エアクリかえて吸入空気量が増える→空気(酸素)がいっぱい→燃焼される→現段階の燃料噴射では燃えカス(残留酸素)がいっぱい→O2センサで補正信号→コンピューターで「燃料いっぱい噴かな燃えカスだらけでんがな!!こりゃあかん・・・」→燃料噴射増幅→結果、空気量(酸素)に応じた燃料噴射を行うことでパワーがあがる

わかりにくいかもしれませんがこういうことです^^;
おそらく、O2センサのほかにもエアフロなどの補正装置ははいってるんだと思うのですが・・・


はやい話をすれば、吸入空気量を増やしてもコンピューターで補正しとるから大丈夫ってことですw


長文失礼いたしました

>翠 by くるとん
詳しい説明をありがとう~
きっとインジェクション車はある程度、補正をしてくれるんじゃないのかな。
って思ったけど、よくわからないから触れなかった。
間違った発信ははよくないからね。

だからっていって記事には責任もてないけど(笑

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

20%って相当ですよね(゚д゚)
そのぶんアイドリングが安定しないとか・・・?
なんだか勉強になります(´・ω・`)b

URL | じょじょ #-

2009/11/20 01:53 * 編集 *

>じょじょさん

20%というのが本当なのかがちょっと…
一概に言ってしまうのが怪しいですよね。

彼はマフラー変えたのでなんとも言えませんが、アイドリングに問題はなさそうです。
むしろアフターファイヤが減ったのでよくなったのでは?と思います。

URL | くるとん #JalddpaA

2009/11/20 21:49 * 編集 *

えーとですね・・・
私二輪のプロではないからわからんのですが・・・
自動車のプロとしての見解を一つ
これがすべてというわけではないのでご参考にしていただければ幸いです


現在市販されている二輪・四輪はほぼすべてFI化されております
そしてNinjaもFIでございます

通常FI化された車両では電子制御で燃料を噴射しておるわけですが、単調にドバドバ燃料を噴いとったら減速時、加速時といった場面でエンブレが効かないとか加速が悪いとかいった弊害が出ます

そこで、FI化された車両というのは、いろんな補正装置がついとります
四輪でいうとエアフロセンサ・空燃比センサ・O2センサ・・・etc
これらの補正装置から送られてくる信号をコンピューターで演算し、あらゆる走行場面で適正な燃料噴射を行うということです

そこでニンニン!!
FI化されたことで、ニンニンにはエキパイにO2センサなるものがついてるのは周知のことと思います
ではこのO2センサとはなんぞや?
知ってる人は流してください

O2センサとは、エンジンで燃焼された排気のなかに、どれだけ燃焼されなかった酸素があるか?をはかってる装置でございます
たとえば、燃焼された排気のなかに酸素がのこっていたらどうでしょう?
燃えカスがあるなんてもったいないですよね?
どうせなら全部燃やしてすっきりしたいですよね?
そこでO2センサが、排気中の残留酸素濃度をはかり、燃えカスが出ないようにコンピューターに信号を送り、燃料噴射にフィードバックし、燃料補正を行うというものです
ちなみに、燃えカスが多いということはきちんと燃焼できていないために排ガスの有害物質もたくさん含まれております
そこで、近年の排ガス規制をクリアすべく二輪車にもFIが多いということです


やっと本題
なぜエアクリかえてパワーが上がるか?
エアクリかえて吸入空気量が増える→空気(酸素)がいっぱい→燃焼される→現段階の燃料噴射では燃えカス(残留酸素)がいっぱい→O2センサで補正信号→コンピューターで「燃料いっぱい噴かな燃えカスだらけでんがな!!こりゃあかん・・・」→燃料噴射増幅→結果、空気量(酸素)に応じた燃料噴射を行うことでパワーがあがる

わかりにくいかもしれませんがこういうことです^^;
おそらく、O2センサのほかにもエアフロなどの補正装置ははいってるんだと思うのですが・・・


はやい話をすれば、吸入空気量を増やしてもコンピューターで補正しとるから大丈夫ってことですw


長文失礼いたしました

URL | 翠 #-

2009/11/22 02:00 * 編集 *

>翠

詳しい説明をありがとう~
きっとインジェクション車はある程度、補正をしてくれるんじゃないのかな。
って思ったけど、よくわからないから触れなかった。
間違った発信ははよくないからね。

だからっていって記事には責任もてないけど(笑

URL | くるとん #JalddpaA

2009/11/22 19:59 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunbeamred.blog47.fc2.com/tb.php/118-29e59069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エアフィルター

くるとんさんのブログに触発されて買ってしまいました。 K&N リプレイスメントフィルターです。 アフターファイアで悩んでてgoog...

ZZX-R2 Ninja250Rフルカスタム

2010/01/25 01:41

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。