03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ヘルニアの赤Ninja250R乗り

  : 

Ninja250Rのカスタムやツーリングレポ、用品インプレなどをしています。

 まとめページ一覧です(。・ω・。)ノ
  ●カスタム ●ステッカー ●リアボックス ●メンテナンス ●用品インプレ ●イベントレポート

お知らせ

コメントをいただいても、返信にかなり時間がかかります。
申し訳ありません。

△top

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

MIRAで行く天橋立~川湯温泉・玉置神社の旅 その3 

さて、熊野本宮を後にした野郎2人。
玉置山を登っていくと…



s-amachi3001.jpg
冬の山ですからね、チェーン必須です。
本当は2日目に高野龍神スカイラインのスノードライブを
満喫しようと思っていたのですが諦めました。
だって役所の人にきいたら、四駆でスタッドレス+チェーンなら走れる。って言うんだもん。
そりゃ諦めたくなります。
(まぁ17時に閉山するという時間制限があったのも大きいですが…)
なので、ここで消化し切れなかった思いを発散!!




ちなみに、これが冬の高野龍神スカイラインの参考動画です。
ここまでいかないにしても、冬山のドライブというわくわくが待っていたのですが…


1カーブで雪が終わってました。
しかも駐車場まで1kmを切るという状態。



s-amachi3029.jpg
これは駐車場からの風景。
もう山の中にいるのがわかります。



s-amachi3030.jpg
MIRAと鳥居です。
もう鳥居がなければ、完全に林道の入り口だよ(恭吾談)



s-amachi3004.jpg
鳥居に近づきました。
神社の雰囲気がでてきました。
ここから徒歩20分で神社に到着です。



s-amachi3005.jpg
ちょっと日が当たらないと、こんなに雪が残っていましたが
ダナーのブーツなら、問題なし!



s-amachi3007.jpg
つっても、雪道が続きます(笑)
途中の謎の鳥居…



s-amachi3006.jpg
途中あった、お岩。



s-amachi3008.jpg
山の頂上付近は枕状溶岩だそうです。(冒頭より)



s-amachi3009.jpg
木出てきた鳥居があし、ここから先が参道の続きとなっていますが、
身体が悪い人用に、なるべくフラットな道になっていました。



s-amachi3010.jpg
参道の行きは下りでした。



s-amachi3013.jpg
松林の中をぐんぐんと下ります。



s-amachi3011.jpg
こんな苔むした杉がたくさん生きていました。
これはもう、、、皆さんに是非、いってほしい!



s-amachi3002.jpg
なんとなく撮影してもこの高さです。
不思議な空間を歩いていました。



s-amachi3012.jpg
歩いていくと見える、一際目立つ杉。



s-amachi3003.jpg
ちょっと順番が変わりますが、これは神社のご神木でした。
その名も「神代杉」。



s-amachi3016.jpg
さてさて、神社に近づきますとこのようなものが…
これは木を半円状に切って積んだものですが、苔の付き方が半端ないです。



s-amachi3019.jpg
木に到ってはこんな感じですからね、榛名神社を思わせます。



s-amachi3017.jpg
神社の手前にはきっと熊野本宮に通じているであろう道がありました。
べらぼうに山道ですけどね。



s-amachi3018.jpg
さて、またわき道にそれまして県内の随一の杉の木がおりました。
こちらをちょこっと見まして、玉置神社にお参りです。



s-amachi3021.jpg
まずはお手水舎で、手と口を清めます。
この作法を皆さん、知っていますか?
まずは右手で尺を持って水をすくい、……すくい…?



s-amachi3022.jpg
凍っとるがな。



s-amachi3023.jpg
玉置神社について^^



s-amachi3024.jpg
さて、鳥居をくぐります。
ここまで本当に長かった。
歩き的にも、記事的にも(笑)



s-amachi3025.jpg
鳥居をくぐるとまた鳥居、そしてお社。
もうね、この鳥居から凄すぎて前に進めない感じでした。
正面から見入ってしまいました。

ここで参拝して裏に回ると…



s-amachi3026.jpg
神代杉の手前には夫婦杉がありました。
こういった木はどういう風になっているんでしょうかね…
1本が2本にわかれるのか、それとも逆に一緒になるのか。



s-amachi3027.jpg
社務所で御朱印をいただいた後は、神社を裏から見て回ります。
この木も朽ちていなければ、そうとうの巨木だったのでしょう。
さて、帰路に着きます。



s-amachi3028.jpg
のぼり旗には「熊野奥宮」の文字が見えます。
満足感、充足感につつまれて、下山します。



s-amachi3031.jpg
途中、ニッポン唯一の「飛び地」村の北山村にある道の駅に寄ります。



s-amachi3032.jpg
関西のマッカンでしょうか?
ここからぐいぐいと車で走って…



s-amachi3033.jpg
今回は込み合う名古屋をフェリーでパスして帰りました。



s-amachi3034.jpg
もう旅の終わり…そんな感傷に浸っていましたが、
実はまだ300kmくらいあるという事実。
船の中で爆睡。



s-IMG_0887.jpg
最後に、これが今回の御朱印です。
元伊勢の籠神社は少し印が薄い><
玉置神社は味があって大満足でした^^






スポンサーサイト
天橋立~玉置神社の旅  /  tb: 0  /  cm: 5  /  △top

by もむたん
旅ってイイですよね♪

参道周辺の木って、どこも巨大(;゚Д゚)!
いい意味で古さを感じます(^ω^)

スタッドレス履いてると雪道楽しいですよ~!
学生の頃は夜な夜な雪ドリに・・・(笑)

by 蒼い鳩
なんというか異世界な雰囲気ですねぇ。寒くなかったら熊が出そう。

雪道はホントに怖いです。楽しいなんていってる奴は怖さを知らんのです。圧雪で固められた国道でダンプトラックに「車間距離なんて知らねーぜ」なノリでくっつかれたときの怖さといったら……。昼間だろうが夜中だろうがお構いなしだからな~、連中は。

●レス by くるとん
>もむたんさん
山岳系の神社の周りはやっぱり木が大きくていいですね。
現実逃避というか、いつもとはやっぱり違う空間にいるんですよね。
その感じがとてもいいんです。

雪道は今回は消化不良でした。
逆に無事に帰れたということで^^:

>蒼い鳩さん
熊や蜂はちょっと怖いですよね。
この時期でもしもでてたら、それはそれでヤバイですが…

確かに、埼玉では雪は一年に数回しか降りませんからね。
舐めきってる感はあります(笑)
しかし、長野の栄村の橋は大変ですね。
地震でダメージがあったとはいえ、雪の重さを目の当たりにするニュースでした。

by ニン太オヤジ
ご無沙汰しておりました。

熊野旅行お疲れ様でした。
昨年の水害でどうなっているのか気にはなっていたのですが、
意外と早く復旧されたようですね。

伊勢市の伊勢神宮には行ったことありますが、参拝客でごったがえしていました。
こういう山の中のしずかな神社もいいですねえ。心が洗われるようです。


>ニン太オヤジさん by くるとん
御無沙汰しております!
自分もなかなか更新ができていない今日この頃です。

水害の爪痕はあちらこちらでみることができました。
今回はいきませんでしたが、那智の滝の方はもっと悲惨なことになっていましたからね。
しかし、人の力、復興するという前向きな力には驚かされます。

山の中の神社はいいですね。
登山が伴うと辛いですけどね…

MIRAで行く天橋立~川湯温泉・玉置神社の旅 その2 

さてさて、食事を終えて高速を走ります。



s-amachi2001.jpg
雪もあるのですが、この日降っていたのは雨でした。
午後からだらだらと降っていました。



s-amachi2002.jpg
そして途中によった猿谷ダムでダムカードゲット。



s-amachi2003.jpg
残念ながら水位も少なく、天端も工事中で立ち入り禁止でした。



s-amachi2004.jpg
BANA…NA…?
猿…?



s-amachi2005.jpg
この表情がなんとも。。。ムカツク。



s-amachi2006.jpg
ダム概要。



s-amachi2007.jpg
まだまだ雨が続きますが、薄暗くなってきました。

と、ここで意識喪失(笑)



s-amachi2008.jpg
宿に到着です。
このお部屋でお1人3500円。
露天風呂に入った後はお食事です。



s-amachi2009.jpg
地ビールで乾杯♪
と、いってもあまりお酒が得意ではないので、口に含む程度。



s-amachi2010.jpg
一緒にいった恭吾くんは地酒を飲んでました。

こうして、午後9時半には就寝。
小学生か(笑)



s-amachi2013.jpg
夜が明けて、七時半。
宿からの風景です。



s-amachi2011.jpg
さっそく温泉へと出張ります。



s-amachi2012.jpg
写真奥の湯気が立ち上っているところが温泉。



s-amachi2014.jpg
この橋を渡らないと入れないのですが、初めは施錠されていました。
川の温度もあまりにも低くて渡れず…
宿の人に言って、開けてもらいました。



s-amachi2015.jpg
こんな感じのお風呂です。



s-amachi2016.jpg
湯気はいい感じに昇っていますが…まったくもって暖かくない(笑)
冬は温度が上がるのに時間がかかるとのこと。

この後、公衆浴場に入りなおして川湯温泉を後にします。
向ったのは以前にもいった熊野本宮大社です。



s-amachi2018.jpg
昨年の洪水によって、随分とダメージを受けたようです。



s-amachi2017.jpg
洪水の様子が写真で紹介されていました。



s-amachi2019.jpg
さて、お参りです。



s-amachi2020.jpg
正面から見ると、やっぱり雰囲気が違います。



s-amachi2021.jpg
何度見てもいい風景です。
両脇の旗は今年のものに変わっていました。



s-amachi2022.jpg
階段を上がったところから。



s-amachi2023.jpg
ポストがあります。
お参りを済ませて帰ります。



s-amachi2024.jpg
やっぱり雰囲気のよさは別格です。



s-amachi2025.jpg
帰りは階段横にあった熊野古道を降りていきました。



s-DSCN6660.jpg
今回は途中でしたが御朱印帳を買いました。



s-DSCN6661.jpg
頂いた、御朱印です。



s-DSCN5065.jpg
ちなみに写真右側が前回頂いた御朱印。
色々と味があっておもしろいです。



s-DSCN6663.jpg
それと、熊野牛王神符を頂きました。



s-DSCN6664.jpg
御説明。



s-DSCN6665.jpg
中身でございます。
はてさて、どこに貼ろうかな~





天橋立~玉置神社の旅  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

by きゅーりパクパク
仙人風呂っ!。入りたぁ~いっ♪。

自然の中、素っ裸で、いろんな人と入りたぁ~いっ(*^_^*)♪。

>きゅーりパクパクさん by くるとん
今回は朝から+平日ということで他の人はいませんでした。
自分はそっちの方が落ち着けていいのですが、
わいわいと楽しむのもいいですよね~

MIRAで行く天橋立~川湯温泉・玉置神社の旅 その1 

リアルタイム更新で頑張ろうと思いましたが、やっぱり限界はあるもので…
結局、まとめの記事を書くことにしました。
また、途中コメントをいただいた方、ご返信できず申し訳ありませんでした。


さて、以下が今回のGPSログ。

青が1日目のログ。
赤が2日目のログ。
途中で電池が切れてしまったのですが、ほぼ水色の線まで移動しました。
水色が3日目のログ。
フェリーにも乗ったので、海上を移動してします。
総合計は…1500kmくらい?


さて、ここからが振り替えりです。



s-amachi1001.jpg
家を出発したのは午後9時半ごろ。
雪の心配がありましたが、東名や北陸道などは積もっていませんでした。
ですが路肩や山には雪が積もっておりました。

途中、限界を感じてPAで一泊。



s-amachi1002.jpg
翌日、舞鶴港で海の幸を…と思ったらここ軍港で…

とりあえず、日本海と釣り人を眺めます。



s-amachi1003.jpg
さて、天橋立に到着です。
駐車場はこの乗り場の前にありました。500~600円/日です。



s-amachi1004.jpg
リフト嫌いなんですが…モノレールが目の前で出発したために乗り込みます。



s-amachi1005.jpg
着いた先は少し寂しいミニ遊園地。



s-amachi1006.jpg
登りきったら、天の橋立です。



s-amachi1008.jpg
ビューポイントからの眺め。



s-amachi1007.jpg
股覗きをして撮影。
これは写真で見ても伝わらないですね…実際に生で見たほうがいいです。



s-amachi1009.jpg
さて、ここまできたら天橋立を渡らずにはいられません。
この橋を渡ると、橋立入りです。



s-amachi1010.jpg
橋のフチにある旅館。
…?



s-amachi1011.jpg
一応公園の扱いなんですね。
全体図です。



s-amachi1012.jpg
さて、日本三景『天橋立』に突入です。



s-amachi1013.jpg
歴史的一歩。



s-amachi1014.jpg
松の並木道が続きます。



s-amachi1015.jpg
中には斜に構えているのもいました。



s-amachi1016.jpg
途中、名水100選 磯清水に遭遇。



s-amachi1017.jpg
この看板に書かれていますが、海水に囲まれているのに真水という不思議な水。



s-amachi1017-2.jpg
そして、その隣になるのが天橋立神社。
ひっそりと建っていました。

さて何キロかある天橋立を渡りきり、暫くすると
丹後の国一宮・元伊勢『籠神社』に到着です。



s-amachi1018.jpg
ここは観光地化されている神社です。
また、反対側にも天橋立のビューポイントがありました。



s-amachi1018-2.jpg
写真が斜めだったので、少し修正をしました。
車はここまで。



s-amachi1019.jpg
御百度参りをするための石。
御百度参りについてはコチラを参照。



s-amachi1020.jpg
社務所です。
さすがに歴史があると、建物の雰囲気がいいですね。

ここで引き返したのですが、ここの奥宮にあたる「真名井神社」を帰ってから調べると
ここもよさそうな神社だったんですよね…失敗した。
参考にしたブログ様『福岡の霊能者のつぶやき|本物霊能者の本音』のコチラの記事



s-amachi1021.jpg
天橋立の帰りは面倒だったので、チャリをレンタル。
ってか、行きもこれがあるのを知っていれば使っていたのに…



s-amachi1022.jpg
自転車のレンタル場にあった冊子です。
色々始まっています…



s-amachi1024.jpg
最後に、天橋立付近のお食事処でご飯。
ここから、今日の宿へと向いました。




天橋立~玉置神社の旅  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

フェリー 


ショートカットになり得るのか?
天橋立~玉置神社の旅  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

by mary
えっ三重で待ってたのにーーーー!!!!笑


あっ、あけましておめでとうございますv-16

by くるとん
そうか!もう三重っすもんね~
今度行く時は連絡いれますわ~
いや…多分…きっと…

明けましておめでとうございます、今年もよろしく!

玉置神社 


神代杉。
天橋立~玉置神社の旅  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。